大手企業から中小企業への転職、「前は良かった」発言は絶対NG!

大手企業を辞めて転職する場合は、前の会社よりも規模の小さい中小企業へ再就職することは、良くあるケースです。大手企業から中小企業への転職は珍しいものではない以上、中小企業への転職者から学ぶことも必要です。中小企業へ転職した場合は、前の会社を今の会社よりも評価するような表現は、避けたほうが無難です。

客観的に見て、大手企業が待遇面で中小企業よりも優れているのは当然のことです。しかし、真理であっても立場によっては言ってはならない事もあるので注意が必要です。それとは逆に、今いる中小企業が大企業よりも優れている点を探し出し、表現することは好感がもたれます。誰もが、今いる会社を最も評価したがっているからです。

大手企業では仕事は上から与えられることがほとんどですが、中小企業での仕事の多くは自ら作り出すものです。業務範囲は当然広くなりますが、やりがいは大きくなります。仕事の成果もすぐに感じられ、失敗した場合もカバーしてくれる人はいません。中小企業は大企業に比べて、はるかに実力主義と言えます。

転職エージェントを使わずに大手企業から中小企業へ転職した場合は、何もできずに混乱する場面も生じるはずです。実力主義の中小企業では、実力だけが評価されます。仕事さえできれば評価され、仕事ができなければ軽蔑される実力社会です。中小企業で生き残るには実力を付ける以外には方法はありません。過去の地位や待遇を懐かしがる暇などはないはずです。そこでの頑張りは、真の実力として蓄積されます。